いつ学習する?脳が最も働く時間帯とは!?

時間活用術

こんにちは、ライフです。

 

突然ですが、あなたはいつ

英語学習をしていますか?

 

  • 早起きして朝活の時間
  • 通勤や休憩のスキマ時間
  • 就寝前の時間

 

など、工夫して

時間を作っていると思います。

 

 

実は時間によって

おすすめの学習法があることを

知っていましたか?

 

この方法を知れば効率よく

英語を学ぶことができますね。

 

早く英会話を習得できれば

ワーホリで海外へ行くという

あなたの理想をすぐに実現できます。

 

 

逆に今回の記事を読まず

闇雲に英語学習をしても

 

  • 英単語がなかなか覚えられない
  • 集中して英語が聞き取れない
  • 言いたいことがスラスラ出てこない

 

このような状況になってしまいます。

 

目標を達成することができず

「自分には才能がないのかな」

と勘違いしてしまい、

 

次第にやる気をなくし

挫折してしまうなんてことに

なりかねません。

 

 

こんな未来にしたくありませんよね。

 

どうせ英語をやるなら

最短最速で結果を出して欲しい。

 

効果を実感して

英語の楽しさを味わって欲しい。

 

このような想いで

この記事を作成しました。

 

ぜひ

『時間帯別の効率的な学習法』

読んでください!

 

それでは説明していきます。

 

 

時間帯ごとの脳の特徴

 

脳科学の観点から

勉強がはかどり効率よく学習できる

時間帯を知ることができます。

 

朝は脳がクリアな状態になるため

勉強に集中しやすくなります。

 

しかし、脳が目覚めるためには

適切な方法が必要です。

 

カーテンを開けて太陽の光を浴びたり

体操やストレッチで軽く体を動かしたり

すると脳がスッキリします。

 

 

昼の時間帯は朝と違って

脳の働きが活性化されていません。

 

お昼ご飯を食べると

眠くなりますよね。

 

午後の勉強を集中させるために

10分から15分の仮眠を取るのが

おすすめです。

 

 

仮眠の後は脳がリフレッシュされるので

勉強もはかどります。

 

逆に長時間の仮眠をしてしまうと

夜の睡眠に悪影響が出るので

注意が必要です。

 

 

夜は勉強をしすぎず

夜更かしは避けましょう。

 

質の高い睡眠が

翌日の集中力UPに繋がります。

 

夜に勉強を頑張りすぎて

次の日のやる気がなかったら

継続できませんね。

 

また、寝る寸前まで勉強をすると

アドレナリンが多く分泌され

寝つきが悪くなってしまいます。

 

遅くまで勉強するくらいなら早く寝て

早起きして勉強した方がいいですね。

 

 

このような特徴を踏まえて

 

どの時間帯に

どのような英語学習が良いのか?

 

早速見ていきましょう!

 

 

時間帯別おすすめの英語学習

朝 脳のゴールデンタイム

 

朝は脳が1日の中で最もよく働くため

「脳のゴールデンタイム」

と言われています。

 

よく朝活をしている人がいますが

 

朝活をすると

 

  • 集中力が高まる
  • 生活リズムが良くなり習慣が身につく
  • 疲れがなく前向きな気持ちになる

 

このようなメリットがあります。

 

 

多くの人が学校や仕事に行く

時間がありますので、

 

制限時間があることで

集中して取り組めます。

 

朝は脳が活性化しているので、

おすすめの学習法として

 

  • 前日の英単語の復習
  • 英語の長文読解
  • 独り言英会話
  • リスニング

 

などが挙げられます。

 

 

特に前日の夜に学習したことを

朝確認することで記憶に定着します。

 

また眠気を覚ますためにも

独り言英会話で声を出したり

 

洋楽や英語ニュースなど聞いたり

することが有効です。

 

やる気や集中力が一番ある朝に

英語の長文を読むのもいいでしょう。

 

 

昼 発想力と思考力

 

昼は眠くなる時間帯ですが

仮眠をとった後の集中力とやる気

高まります。

 

おすすめの英語学習として

 

  • 英文法の学習
  • リーディング
  • 英作文
  • シャドーイング(音読やリスニング)

 

などが挙げられます。

 

 

英語のワークなどを行う人にとっては

お昼の時間帯にやると良いでしょう。

 

眠気がある時は

音読やリスニングをして

眠気を覚ますこともできます。

 

仕事で忙しいという方は

昼食後少し仮眠をとり

 

休憩時間にリーディングかリスニング

をおすすめします。

 

 

夜 暗記系が良い

 

夜は暗記家の学習がおすすめです。

 

特に寝る前に覚えたことは

記憶に残りやすいです。

 

夜に学習したことを

翌朝に復習をする。

 

このサイクルで記憶の

定着を図ることができますね。

 

 

夜のおすすめの学習としては

 

  • 英単語学習
  • オンライン英会話
  • 英語日記
  • 英語系の動画の視聴

 

などが挙げられます。

 

1日の終わりに英語日記

本日の出来事を書いたり

オンライン英会話で話したりできますね。

 

疲れた時はリラックスしながら

海外ドラマや英語コンテンツ動画

見るのもいいですね。

 

そして、寝る前には英単語を覚える。

 

このような流れで

効率よく学習することができます。

 

 

生活リズムを整えよう

 

ここまで見てきたように

脳科学的には夜型よりも

朝型の方が効果が高いですね。

 

学生の時を思い出してみると

テスト直前に徹夜で覚えたことは

 

テストではできても

長期記憶には残らないですね。

 

 

睡眠は脳を整理するために

欠かせない時間です。

 

最低でも6時間以上

できれば7時間は寝るようにしましょう。

 

それでも

「私は夜型の人間なんだ」

という方もいると思います。

 

無理に生活を変える必要はありません。

 

 

実際に「クロノタイプ診断」と

呼ばれるものがあり、

 

あなたのタイプを知ることができます。

 

  • ライオン型:朝に強い
  • くま型:昼に活発
  • オオカミ型:夜に動く
  • イルカ型:短眠でOK

 

自分がどのタイプか調べて

学習計画を立てるのもいいですね。

 

参考:クロノタイプ診断テスト

診断する

 

 

学習計画を立てよう

 

朝・昼・夜の効率的な学習と

あなたのクロノタイプがわかったら

学習計画を立てましょう。

 

 

せっかく「時間帯別の効率的な学習法」

を学んでも計画を立てなければ

行動に移せませんね。

 

朝・昼。夜に

具体的にどんな学習

何分(何時間)するのか決めましょう。

 

例として

 

朝:前日の復習(10分)

英語ニュースを聞く(1記事)

 

昼:英語記事を読む(1記事)

 

夜:オンライン英会話

英単語学習(10語)

 

のように詳しく書きましょう!

 

 

いきなり長時間の勉強は

挫折の元になりますので、

 

最初は小さく始めて慣れてきたら

徐々に時間を増やしていきましょう。

 

 

まとめ

 

いかがでしょうか?

 

今回は

「時間帯別の効率的な学習法」

についてお話ししました。

 

まずは自分の睡眠タイプを知り

朝・昼・夜の学習計画を立てましょう。

 

1日10分からでも

とにかく行動に移すことが大切です。

 

あなたのワーホリで海外で生活する

という夢を叶えるために

今すぐ行動しましょう!

 

 

ライフ公式LINEにて

 

「ワーホリの夢を叶える英会話学習法」

を無料配布中です。

 

ぜひあなたの英会話力向上の

お手伝いをさせてください!

 

 

※上の画像をタップして

友達登録で受け取れます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました