一番大事なのに学校では教えてくれない発音のルール!?

学習法

こんにちは。ライフです。

 

英会話をしていて最も悩むことの一つに

英語の発音が挙げられます。

 

日本人は発音の習得に

すごく苦労しますよね。

 

その理由として

 

学校の英語の先生がネイティブの

発音ができないこともそうですし、

 

そもそも、日本語と英語で

音の数が違います。

 

日本語の音は約70個に対し

英語はなんと約600個もあります。

 

だいたい9倍ですよね。

 

日本語にはない音が多くあるので、

発音できないのもうなずけます。

 

 

知らない音があって当たり前なのです。

 

また、日本の英語教育での

発音練習にも問題があります。

 

学校の英語の授業では

英単語を一つ一つリピートして覚えますが

 

ネイティブではあるルールに従って

単語を覚えているのです。

 

それがフォニックスです。

 

 

この発音のルールはものすごく大事なのに

学校では教えることがありません。

 

それが不思議でたまらないくらいです。

 

今回のフォニックスの話は

目から鱗が落ちるくらい衝撃的な内容です。

 

実際僕もフォニックスを知った時は

「なんで学校で教えてくれなかったんだ」

と思ったくらいです。

 

英語の発音の「なんで?」が全て解決する

そんな内容になっています。

 

 

今回紹介する内容を理解すれば

 

  • 知らない単語でも発音できる
  • 発音が改善された
  • 相手の発音も聞き取れるようになった

 

多くの日本人が陥る悩みが解決され、

 

あなたの発音が嘘のように

相手に伝わることに驚愕するでしょう。

 

そうなれば

英会話をするのが楽しくなりますよね。

 

自分の発音が伝わったり

相手の話がわかったりすれば

 

自信を持って海外で

コミュニケーションをとれますね。

 

 

コミュニケーションがとれれば

ワーホリで海外に行った時に

 

外国の方と会話を楽しんだり

友達になったりできます。

 

外国の文化や価値観に触れることは

今までの常識を覆し、

 

新しい価値観を見出すこともできます。

 

このような素敵な出会いが

海外では見つかりますね。

 

 

しかし、今回紹介する内容を

疑問に思い、行動に移さなければ

 

あなたの発音はいつまでも改善しません。

 

  • 自分の話が相手に伝わらない
  • 日本のアクセントで外国人に笑われる
  • ネイティブの発音が聞き取れない

 

このような状態では

英会話を楽しめませんね。

 

発音が悪いと何度も聞き返されたり

正しく伝わらなかったり

上手くコミュニケーションできません。

 

自分の発音にだんだん自信をなくし

人前で英語を話すのが苦痛になるでしょう。

 

 

英語学習の意欲を失えば

ワーホリで海外へ行くという

 

あなたの夢を叶えることができませんね。

 

そうならないためにも

 

今回紹介する

「フォニックス」を十分理解し、

あなたのものにしてください。

 

それでは解説していきます。

 

 

フォニックスとは

 

ここまで推す

フォニックスとは何なのでしょうか?

 

フォニックスとは

発音と文字の関係性を学ぶ音声学習法です。

 

具体的に説明しますね。

 

日本語の文字は

文字の名前と発音が同じですよね。

 

例えば

ひらがな「あ」は発音するときも「あ」

ひらがな「い」も「い」ですよね。

 

しかし、英語は違います

 

アルファベット「A」は「エー」と発音せず

実際は「ェア」となります。

 

「B」は「ビー」ではなく

「ブ」と発音します。

 

 

このように全てのアルファベットには

それぞれ読み方があり、

 

それを覚えるとスペルを見ただけで

英単語の発音がわかります。

 

例えば

「pen」はアルファベットで

「p」「e」「n」でそれぞれの読み方は

 

「プ」「エ」「ヌ」となるので、

繋げると「ペン」と発音します。

 

 

このルールに則れば

初めて見る単語でも

発音の仕方がわかります

 

逆に発音で聞いただけで

その単語のスペルがわかるようになります。

 

下の表がそれぞれのアルファベットの

フォニックスの読み方になります。

 

 

代表的なフォニックスのルール

 

基本的にはフォニックスの読み方で

発音すれば問題ないですが

 

いくつか文字の組み合わせによって

音が変わるパターンがあります。

 

代表的なものを紹介します。

 

 

子音+子音

 

2つの子音字の組み合わせで

新しい1音になるルールです。

 

代表的なものは

「sh」と「ch」があります。

 

hがつくものが多いことが特徴です。

 

s(ス)+h(ハ)=sh(シュ)

c(ク)+h(ハ)=ch(チ)

と発音が変わります。

 

英単語だと

English(イングリッシュ)

church(チャー

が挙げられます。

 

 

母音+母音

 

2つの母音字の組み合わせ文字で

新しい1音になるルールです。

 

代表的なもので

「oo」と「au」があります。

 

o(オ)+o(オ)=oo(ウー)

a(ェア)+u(ア)=au(オー)

と発音が変わります。

 

英単語だと

food(フード)

August(オーガスト)

が挙げられます。

 

 

サイレントe

 

「母音+子音+e」の

文字の並びの時、

 

前の母音はフォニックスの読み方ではなく

アルファベットの読み方に変わります。

 

そして、最後の「e」は発音しません

 

これがサイレントeのルールです。

 

 

例えば「time」という単語を

見ていきましょう。

 

「i(母音)+m(子音)+e」の形なので

サイレントeのルールに従います。

 

tは「トゥ」、

iはアルファベット読みなので「アイ」

m は「ム」、eは発音しません。

 

t(トゥ)+i(アイ)+m(ム)+eで

「タイム」と発音するのです。

 

 

他にもルールがありますが、

全部覚えようとすると大変なので、

 

最低限

アルファベットごとのフォニックスの

読み方だけでも覚えてください。

 

これだけで英語の発音が

グッとやりやすくなります。

 

 

もし他のフォニックスのルールに

興味があるようでしたら、

 

こちらの記事をお読みください↓↓

英語の基礎基本フォニックス

 

ルールは知らないより

知っていた方が理解が深まります

 

ぜひ参考にしてください。

 

 

まとめ

 

いかがでしょうか?

 

発音で苦労する日本人は多いです。

 

逆に言えばここを乗り切れば

英語学習が進むことを意味します。

 

フォニックスの発音法を身につければ

英文を見ただけで魔法のように

読むことができます。

 

 

そうなれば英語学習が

ますます楽しくなってきますね

 

ワーホリで海外へ行くという

あなたの夢に一歩近づきます。

 

あなたの発音のために

今すぐ行動していきましょう!

 

最後にフォニックスの発音を練習したい

というあなたのために

 

こちらの動画をお使いください↓↓

YouTube
作成した動画を友だち、家族、世界中の人たちと共有

 

 

ライフ公式LINEにて

 

「ワーホリの夢を叶える英会話学習法」

を無料配布中です。

 

ぜひあなたの英会話力向上の

お手伝いをさせてください!

 

 

※上の画像をタップして

友達登録で受け取れます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました